新潟県長岡市企業立地ガイドでは、豊富な優遇制度や環境の整った分譲地・空き物件をご紹介しております。

  • トップページ
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
長岡市の優遇制度

長岡市の優遇制度

補助金

長岡市企業立地促進補助金
対象地域 ①長岡オフィスアルカディア、北荷頃工業団地、西部丘陵東地区
②長岡市内の準工業地域、工業地域、工業専用地域、長岡市が造成した工場等用地、または長岡市長が特に認めるもの

業種 1、製造の事業を行う事業所
2、製品の設計又は開発を行う事業所
3、技術開発又は試験研究を行う事業所
4、電気通信及び情報処理・提供サービスを行う事業所
5、道路貨物運送又は寄託を受けた物品の倉庫における保管、こん包若しくは卸売を行う事業所
対象 下記に該当するもの
① 地域①で土地開発事業者から直接取得した土地
② 地域②で面積2000m²以上の民間取引で取得した土地
適用
要件
雇用者数 ・対象①の場合…操業時に常用雇用者5人以上(小規模企業者3人以上)
・対象②の場合…長岡市に住所を有する常用雇用者3人以上増加
(市内に事業所がある場合は1人以上増加)
操業開始 土地売買契約日から3年以内
事業継続 10年間事業継続、転売禁止
補助割合 対象① 長岡オフィス・アルカディア:土地取得費の25%
西部丘陵東地区:土地取得費の25%
北荷頃工業団地:土地取得費の20%

対象② 土地取得費の10%
限度額 対象① 5千万円(西部丘陵東地区を除く)
対象② 1千万円
交付時期 操業開始後、60日以内に交付申請
※大型特例の場合は、土地売買契約締結後30日以内に交付申請
産業立地促進事業補助金(新潟県)
対象業種 製造業・卸売業・運送業・倉庫業・こん包業・研究開発施設
要件 償却資産取得額1億円以上で新規常用雇用者10人以上
交付額 投下償却資産の5%以内
お問い合せ先 新潟県 産業立地課計画調査班 TEL.025-280-5247
(立地の意思決定前に補助金等を算定するうえで必要な情報を提供いただく必要があります。
事前に必ずお問い合わせください。)

このページの先頭へ戻る

融資

長岡市工場等立地促進資金融資
限度額 ・用地取得費の2/3 
・工場取得費の2/3(2億円限度)
対象 市が指定する地域に1,000m²以上の用地を購入し、3年以内に操業を開始する企業
利率 年1.65%
償還期間 10年以内(うち措置2年以内)
企業立地促進資金貸付金(新潟県)
限度額 ・用地取得費、造成費(1年以内に着工する場合に限る) 
・工場取得費、設備取得費
・5億円(特認10億円)
対象 適地に工場を新設し、新規常用雇用者数が3人以上の企業
利率 年1.65%(変更の場合あり)
償還期間 10年以内(うち措置2年以内)

このページの先頭へ戻る

税制

固定資産税・都市計画税課税免除(長岡市企業立地促進条例)
対象 ・市が指定する地域の用地を購入し、事業所を建設する企業
要件 ・固定資産取得額(土地・家屋・償却資産):3,000万円以上
・新規常用雇用者数:5人以上(小規模企業者は3人以上)
・家屋・償却資産は、土地取得後5年以内に操業を開始すること
・土地は、取得から3年以内に家屋の建築に着手した場合に限る
期間 3年
不動産取得税全額減免・事業税1/2減免(新潟県産業立地促進条例)
対象 県が指定する地域で製造業、卸売業、道路貨物運送業、倉庫業、こん包業、情報通信業、情報通信技術利用業、植物工場、データセンターに限る
要件 ・建物・同付属設備・構築物取得額の計:1億円以上
・新規常用雇用者数:3人以上
期間 ・不動産取得税(土地、家屋)
・事業税:3年 (新規常用雇用者数10人以上の場合6年)
お問い合せ先 新潟県 産業立地課計画調査班 TEL.025-280-5247
不動産取得税免除(新潟県産業集積条例)
対象 中越3市産業活性化基本計画に定められた業を行う者で、「企業立地計画」について新潟県の承認を受け、その計画に従い企業立地を行う企業
要件 家屋(建物・同付属設備)、構築物、事業用地(工場等の対象部分の垂直投影部分)の取得額の合計額が、
対象業種一覧ページ 赤字 2億円超
対象業種一覧ページ 青字 5千万円超
内容 不動産取得税の課税免除
・家屋は対象となった部分に係る税額
・土地は当該家屋の対象部分の垂直投影部分に係る税額
※土地は、取得後1年以内に建物の建築着手がある場合のみ適用
本社機能の移転・拡充に係る地方拠点強化税制
(地域再生法、新潟県産業拠点強化を促進するための県税の特例に関する条例)
本社機能を東京23区などの県外から移転又は県内の本社機能を拡充する場合における、国税(オフィス減税や雇用促進税制)や県税(不動産取得税や法人・個人事業税)などに関する支援
対象 「地方活力向上地域特定業務施設整備計画」(本社機能等の移転・拡充計画)について新潟県の認定を受け、その整備計画を実行に移した事業者
整備計画の主な認定要件 ①新設・増設(中古取得含む)や賃貸、既存施設の用途変更による事業所・研究所・研修所等の取得・整備であること
※「用途変更」は、十分に手が入っており、外形上明確に判別がつくもの
地域再生計画で設定する区域内における整備計画であること
③H32.3.31までに事業が完了すること
※下表優遇制度の適用には、認定を受けた翌日から2年を経過する日までに整備計画を実行に移すことが必要
④増加する本社機能の従業員数が10人(中小企業は5人)以上
※移転型事業の場合は増加させる従業員の過半数が東京23区からの転勤者であることが必要
⑤全事業所全体で本社機能に従事する従業員数が10人(中小企業は5人)以上増加
国税の優遇制度 移転型
(東京23区から本社機能を移転する場合)
拡充型
(東京23区を除く他県から本社機能を移転、又は県内の事業所等が本社機能を拡充する場合)
オフィス減税
・建物、建物付属設備、構築物の取得(取得価格2,000万円(中小企業1,000万円)以上)に対する減税
特別償却25%
又は税額控除7%
(整備計画認定が平成29年度の場合は4%)
特別償却15%
又は税額控除4%
(整備計画認定が平成29年度の場合は2%)
雇用促進税制
・雇用増加に対する減税
・適用年度中に雇用保険一般被保険者の数が5人(中小企業2人)以上増加など要件あり
・雇用増加1人当たり最大80万円を税額控除
・内30万円は雇用維持で最大3年間継続
・雇用増加1人当たり最大50万円を税額控除
県税の優遇制度
3,800万円(中小企業1,900万円)
以上の償却資産の取得など
移転型 拡充型
不動産取得税 1/10に軽減
法人・個人事業税 1/2に軽減(3年間) ※拡充型は県外からの移転が対象
固定資産税
(大規模償却資産)
1/10(1年目)、
1/4(2年目)、2/4(3年目)
1/10(1年目),
1/3(2年目),2/3(3年目)
詳しくはこちら(新潟県ホームページへリンク)

このページの先頭へ戻る

電気料給付金

原子力発電施設周辺地域企業立地支援給付金(新潟県)
金額 電気料金の約40%
対象 ①製造業等
②当該立地場所において適用される、県又は市町村の企業立地に係る条例・規則で定める業種
③県又は市町村の企業立地に係る補助金等による支援を受けているもの
要件 ・工場等を新設、増設し、電力会社との受給契約に基づき電気の供給を開始、又は、変更契約等に基づき契約電力が増加すること
・常用雇用者3人以上の増加(通電日から2カ月前以降の雇用者を対象)
対象地域 旧長岡市、旧越路町、旧小国町
期間 概ね8年間
募集時期 上期(5月頃)、下期(10月頃)
お問い合わせ先 新潟県産業立地課電源地域振興係 TEL.025-280-5164
原子力発電施設周辺地域立地給付金 [国]
対象地域 旧長岡市、旧越路町、旧小国町
交付額(年額) 契約電力×4,728円
※10月1日の契約電力を基準に毎年補助
備考 申請手続き不要

このページの先頭へ戻る